スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

私のなかの悪魔−3

 
 〜このブログはじめての方は、まずはこちらからどうぞ!〜








「なるはや」でがんばったんだけど
 予定より1日おくれてしまいました〜



〜前回からの続きです〜

watasino10.gif3-2.gifwatasino12.gif
watasino13.gifwatasino14.gif
                                              という決めゼリフで私を黙らせました

スポンサーサイト
Re: ミルキーさんへ

それを考えると、ちょっと違うかもしれないけど
ウチもお父さんがいないので、
クラスのお友だちに気をつかわせちゃってることもあるかも...ですね。
でも、シングル家庭は昔よりだいぶ多いので、
うちの子たちは気にしてないみたいですけどね。

ミルキーさんちの方は木製のゴミ箱でしたか?
うちの方はフタが木で、本体はコンクリート製でした。
よく隠れてたので肌に触れたときのひんやりとした質感を覚えてます。

2016.06.07 08:30 ちち子 #- URL[EDIT]

私が小学校の頃、クラスにお妾さんの子供がいて
普段は、家にお父さんがいなかったな...
意味が分かるまで、何でなのか?不思議だった
けれど本人に聞いてはいけない事だと思って
あえて触れなかったのを思い出しました。 

それと、イラストの中に懐かしい物が...
木製のゴミ箱っ!! 
あった、あった、実家の近所にも~


2016.06.06 17:36 ミルキー #- URL[EDIT]
Re: とこちゃんへ

> ちち子さん、なるはや、ありがとうございました!
とこちゃん、あんまり「なるはや」じゃなくてゴメンなさい〜!
でも、そう言われると「張切るタイプ」なんで私なんだかうれしかったです♡

とこちゃんも、クラスメイトもあったかい。
「何かを差し引いて多めにみてあげる」なんて、心憎い子どもたちです。
これがほんとうの優しさなんだと思いました。

2016.06.06 01:39 ちち子 #- URL[EDIT]
Re: りりたさんへ

そう、そう、子どもちゃーんと、間や空気を読んでいますよね〜
みーちゃんは、たしか小学校に上がる前にお父さんのところに行ったと思います。
ほんと、元気で暖かい家庭をつくっているといいですね。

そうそう、こないだ「母さんも歩けないお婆ちゃんになったときは、タクシーのせてね♪」と言って
胃腸炎で動けないコロを、タクシーをひろって病院に連れて行きました。
人間、良くしてもらったことは忘れがちになるから、こうゆうアピールは大切かもっ(笑)

2016.06.06 01:25 ちち子 #- URL[EDIT]

ちち子さん、なるはや、ありがとうございました!

胸が詰まるおはなしでした。

わたしも小学生のときに、おばあちゃんちに預けられていた
クラスメイトの女子がいました。

彼女はいつもカワイイ小物を持っていて、それを自慢していたんですけどね。

なんとなく、そんなことでもしないと自分を保てないのだろうと、子どもながらにもみんなもわかっていて、特になにもいいませんでした。

子どもって、大人が思っているよりも、感じとってますよね。

2016.06.05 23:21 とこちゃん #- URL[EDIT]

子どもでも、この話題に触れてはいけないとか、なんとなくわかりますよね。
ミーちゃん、今はどうされてるのかな。
あったかい家庭を作られてるといいですね。

そんな子はうちの子じゃありません!とか、
もう、勝手にしなさい!とか、言わないように気をつけてましたが、今に、「勝手にするよ!このくそばばぁ!」って言われるかも!

2016.06.05 22:44 りりた #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
SEO