スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

公的支援は恥ずかしいものじゃないよ!

 〜このブログはじめての方は、まずはこちらからどうぞ!〜

りこんみちカバー_convert_20150324124030

「はじめまして、ちち子です」

meburabura0514.blog.fc2.com/blog-entry-1.html





子どもがいて「離婚」を考えるときの一番のネックは
やっぱりお金です!
「家賃」や「生活費」はもちろんのこと
「人並みに子どもに教育を受けさせたい。私ひとりじゃ無理。だからガマンする」
みたいな理由で
離婚を踏みとどまる部分が、大きいんだと思う


これだけで足りる金額ではないのですが
東京都には、学習塾などの費用や、高校大学などの受験費用について
一定所得以下の世帯の子どもへの支援を目的とした
「受験生チャレンジ支援貸付事業」という制度があります

「貸付」となっていますが、高校、大学に入学した場合返済は免除になるんだとか

貸付限度額は
学習塾等受験料〜20万円(上限)
受験料〜中学3年生は2万7400円(上限)
〜高校3年生10万5000円(上限)


塾はガチで行くと1年で100万円超
  という話も
あるみたいだから
充分ではありませんが
高校受験料は、公立は受験料2200円、私立だと2万円くらいのところが多いので
公立ひとつと、スベリ止めひとつなら
これでなんとか賄えそうです〜

利用条件は
都内に1年以上在住していることをはじめ
所得、預貯金、現在住んでいる場所以外の不動産を持っていないこと...など
かなり大量の提書類提出や、印鑑証明、保証人が必要
我家でも書類をそろえ、申請するつもりです
詳しくはこちらです〜!

受験生チャレンジ支援貸付事業
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsu/teisyotokusyataisaku/jukenseichallenge.html
(東京都福祉保健局ホームページより)



でも、これって東京都だけの支援なんですよね...
だから私はここで叫びたい〜!

titikononegai-1.gif
titikononegai2.gif

以上〜
今、私が切に思うことです!


「離婚」
「それはあなたが選んだ道でしょう」と
言われてしまえば、それまでなんだけど
どんなに働いても、がんばっても、節約しても
ふたりの働き手がいるおうち(しかもお父さんのいる家庭)には
お金の上では、到底追いつくことはできません
「私が明日倒れたら...」と思うと、すぐに生活は困窮
オチオチ死ぬことすらできない

そんな中
就学援助の公的支援は、みんなの税金を根源とするものなので

「いただくのが恥ずかしい」と、考える人もいるかもしれません

でも、私はそれは違うように思います
その子がしっかり教育を受けて、希望を持って自分の人生を歩むことができれば
あとからいくらだって社会に恩返しはできるし
次の世代を支えることだってできるのだから


「今、いただけるものは堂々といただく」

そんな考え方でいいのではないかなぁ...


公的制度は、役所の窓口で親切丁寧に教えてくれるものではありません
積極的に自分で探すことが大切だと思います!


ランキングに参加しました~応援よろしくお願いします!

スポンサーサイト
Re: あやさんへ

あやさん、こんばんは〜はじめまして!
本、買っていただきまして〜ありがとうございます!
「りこん」なんてタイトルついてるから、買いづらくなかったですか?
Amazonレビューでは、「これで終わりか?」的なことツラツラ書かれちゃってるけど
言いたいことは、まだまだたっぷりあります。

ぜひ、これからもブログ見に来てくださいね。
コメントも大歓迎です〜♡

2016.02.07 22:43 ちち子 #- URL[EDIT]

今日はじめてちち子さんの本を読んで、ブログを訪ねました!

頑張ってください!
応援してます(^^)

2016.02.07 21:45 あや #- URL[EDIT]
Re:♪yuri♪さんへ

> 次世代の子供たちにしっかりと教育費を国で支援することが
> 国を支えていくためにも必須なのに
> どうしてこうも支援が少ないの???


今現在、出産一時金が42万円、中学生までは児童手当が支給されますが
本当にお金が必要なのは、高校生からです。
進学への道は、親が仕事増やしても、子どもがバイトしても工面できるような額ではないのに
何で最後に来て、あとは「ご自由にどうぞ」状態なんだか。。。

ひとりひとりの子どもが、自分の能力を発揮でき、
「人の役にたつことは幸せ」だと、感じられるような社会になって欲しいものです。

2016.02.06 10:19 ちち子 #- URL[EDIT]
Re: りりたさんへ

うへ〜〜〜っ!1千万円以上ですか〜!!!
奨学金といったって、無利子のものだけでは足りないからあとは有利子になりますよね。
これから人生はじまろうってのに、いきなり大借金背負ってというのは重すぎます。
学生相手に、利子とっちゃいけないですよね,,,
間違ってますよ!

> 子ども=お金がかかる⇒少子化にも繋がってるのでは?
そのとおり!ですね。
今、国の政策として女性が働けるように、せっせと保育所つくってるけど
子育てにお金がかからないようにする方が先でしょう。
だって、ウチの子たちでさえも
「子どもはお金かかるからいらないや〜」なんて、冗談まじりに言ってますもん!

2016.02.06 08:38 ちち子 #- URL[EDIT]

ちちこさん!
激しく同意です!!!

子供の教育への国の支援の環境が
この国は悪すぎる!
次世代の子供たちにしっかりと教育費を国で支援することが
国を支えていくためにも必須なのに
どうしてこうも支援が少ないの???

ここ最近、私もしっかりと行政に支援を求めることを
学びました。
頂けるものはいただきます!!私も!(笑)

2016.02.05 23:39 ♪yuri♪ #- URL[EDIT]

貧困が子どもの教育を奪ってはいけないですよね。

特に大学!
私立の県外なら、4年でも、軽く1千万以上かかります。
就活もお金がかかるし、車の免許も卒業までに取らせたいし。

子ども=お金がかかる⇒少子化にも繋がってるのでは?

2016.02.05 22:35 りりた #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
SEO