FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ひとつしかない命

術後3週間め、病理検査の結果が出ました
私の左の卵巣は
粘液と漿液からなる17.0×16.0×4.5センチの
多房性良性嚢腫だということがわかりました

私を苦しめたこの卵巣腫瘍は
● 5月頃から体調が思うようでなく、ちょっとした違和感を感じ
● 7月に入って急に大きなしこりを発見して受診
● 8月には胃の上1センチにのっかる巨大エイリアンに成長!    
と言った具合で日に日に大きくなり
超音波の画像と腫瘍が急激に大きくなる早さから
医師から「境界悪性の疑いがあります」と告げられてしまったのです
このときの私は、今まで婦人科系を患ったことがなかったので

「腫瘍に気づかなかった後悔」と「病気に対する恐怖と焦り」で
内心だいぶ取り乱してしまいました
表向きはなんとか取り繕ってはいたけれど

高校生だったころ
修学旅行で永平寺に泊まることがありました
修業のまねごとをさせてもらった純粋だった私は(今でも純粋です!)
「今日を精一杯生きる」という話を聴いて、ものすごい感銘を受け

その気持ちはずっと持ち続けているつもりだったのですが
今回、「死」を意識する場面に立たされてみると
「今日一日も、一生もまだ全然精一杯生きてないぞ!」
ということを思い知らされました

これからはもっと健康にも気を配らないといけないなぁ〜
ということも

そんな自戒の念をこめて
病院売店でこんなもの買って来ました〜

ジャ〜〜〜ン♪



膿盆

↑メガネや時計、アクセサリー置き場にいいかも↑
これを見るたび、しゃきっとしそう・・・


「膿盆」です!

入院中ベットで歯磨きのときお世話になりました〜
ひょっとして切り取られたモノも、ここに置かれたのかもしれませんね
よく見るとこのソラマメ型はグッドデザイン〜♡
美しいフォルムは実用性を兼ね備えた柳宗理のキッチンツールみたい
と感じるのは、私だけでしょうか?


私の人生に「生と死」を意識させた今回の病気には
もう一度生まれ変わったくらいの衝撃を受けました
ひとつしかない命のこと、いつも心にとどめておきます

* 追記 *

DVC00149.jpg  

入院中に熊本出身の友人からくまモンの起き上がりこぼしをいただきました
我が身を見るようでなんとも愛おしいです
一緒にがんばろう〜!!!


ランキングに参加しました~応援よろしくお願いします!





にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Comment (-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
SEO